科目名

物理化学1

 

対象

分子科学課程・2年次生

 

時間

前期・火曜・1


教室

A5棟・1階・104講義室

 

単位数

2単位 

 

担当

藤原(秀)(A14棟・1階・102号室)・岩本(A14棟・1階・108号 室)


授業の目的・到達目標

前半:分析化学の基礎として、濃度、活量などの基礎概念や、溶液内反応を定量的に扱う方法を理解すること。酸塩基平衡、錯生成平衡などの化学反応の平衡解析を例として、化学量論と物質収支式、電荷収支式および化学平衡の取り扱いを身につけること。

後半:化学反応の時間依存性を理解すること。反応速度を定義し、反応速度定数を求める方法を身につけること。また、反応分子の衝突におけるミクロな過程も理解すること。


 

授業内容

前半では、分析化学に関連する次の事項をとり扱います。
   酸塩基平衡
   錯生成平衡
後半では、反応速度論と気相反応のダイナミクスに関する次の事項をとり扱います。
   反応速度の次数と速度式
   複雑な反応の反応機構
   反応速度の理論(気体運動論、衝突論)

 

教科書

(A)姫野貞 之・市村彰男「分析化学」第2版(化学同 人)
(B)マッカリー、サイモン「物理化学(下)」千原ら訳(東京化学同 人)


参考書  


溶液化学、電気化学に関して、 

  バーロー「物理化学6版(上)」(東京化学同人)

 

成績評価

2 回の試験(75%)、各回の小テストおよびレポート(25%)により、藤原担当分(50点)、岩本担当分(50点)の合算で成績評価を行う。その際、授業 目標の到達度で成績評価を行います。C(合格)となるためには、実施される授業内容に関連する基礎問題が解けることが必要である。


オフィスアワー

藤原:随時
岩本:随時
ただし、月〜水の午後(5月頃、分子科学実験2担当時)を除く


関連科目

化学熱力学、量子化学


・実施スケジュール

 *  計算を行うので、関数電卓を必ず持参すること。スマートホンは不可。

予定される内容 *

担当

第1回

 溶液内化学平 衡の基礎的概念

藤原

教科書(A)1,2章 を予習

第2回

 酸塩基平衡1:弱酸と弱塩基

藤原

教科書(A)第3章3.13.3 を予習

第3回

 酸塩基平衡2:塩の加水分解

藤原

教科書(A)第3章3.4を予習

第4回

 酸塩基平衡3:多塩基酸と多酸塩基、緩衝液

藤原

教科書(A)第3章3.53.7 を予習

第5回

 酸塩基平衡4:酸塩基滴定

藤原

教科書(A)第3章3.8を予習

第6回

 錯生成平衡1:錯生成定数

藤原

教科書(A)第4章4.14.4 を予習

第7回

 錯生成平衡2:キレート滴定

藤原

教科書(A)第4章4.54.6 を予習

第8回

 総合演習

藤原

教科書(A)第3章~第5

第9回

 気体運動論1

岩本

教科書(B)27章27.1-27.4を予習

第10回

 気体運動論2

岩本

教科書(B)27章27.5-27.7を予習

第11回

 反応速度論 1:反応速度式と次数

岩本

教科書(B)28章28.1-28.4を予習

第12回

 反応速度論 1:速度定数と温度依存

岩本

教科書(B)28章28.5-28.7を予習

第13回

 反応速度論 2:詳細な釣り合いの原理

岩本

教科書(B)29章29.1-29.3を予習

第14回

 反応速度論 2:定常状態の近似

岩本

教科書(B)29章29.4-29.6を予習

第15回

 複雑な反応: 連鎖反応など

岩本

教科書(B)29章29.7-29.9を予習

第16回

 期末試験

岩本


 *  講義の 進度に応じて若干変更される可能性 があります。