科目名 機能物質化学2

対象 分子科学課程・3年次生

時間 後期・金曜・2限

教室 A5棟・1階・103講義室(1回目)、B2棟203講義室(2回目以降)

単位数 2単位

担当 佐藤(A14棟・1階・104室)

授業の目的・到達目標 ラジカル重合やイオン重合など、代表的な高分子合成法に関する基礎知識を身につけること、また高分子の立体構造と機能との関係を学んで、機能高分子に関する考え方を理解できるようになること。
  授業内容 ラジカル重合の概要と素反応の動力学、共重合・カチオン重合・アニオン重合・配位重合・メタセシス重合・重縮合・重付加・開環重合などの各種重合手法、高分子の形と性質の関係、分子量と分子量分布、ペプチド合成法、タンパク質の構造と機能等について解説します。

テキスト 「高分子化学(合成編)」(丸善出版)中條・中著

成績評価 授業の目的(到達目標)の到達度で成績評価を行う。C(合格)となるためには、実施される授業内容に関連する基礎問題が解けることが必要である。高分子合成法に関する基礎知識が修得されているかどうか、また高分子の立体構造と機能との関係が理解されているかどうかを評価する。
平常点(3割)、講義の中で実施する4回のテスト(7割)

オフィスアワー 随時


・実施スケジュール
 

予定される内容 *

備考
第1回  身の回りにある高分子・樹脂 1章を予習
第2回 ラジカル重合の概要とラジカル開始剤について text p.61-63を予習text p.76-80を予習
第3回 ラジカル重合の素反応(開始反応と生長反応)

text p.63-68を予習

第4回 ラジカル重合の素反応(停止反応と連鎖移動反応)と解析方法

text p.69-75を予習

第5回 テスト(1回目)
ラジカル共重合の基礎
text p.81-84を予習テストの準備
第6回 ラジカル共重合体の組成比制御方法
text p.84-90を予習
第7回

種々の共重合体(グラフト、ブロックなど)、リビング重合、
イオン重合の基礎
テスト(2回目)

text p.158-159を予習text p.91-92を予習text p.165-174を予習テストの準備
第8回 カチオン重合 text p.101-107を予習
第9回 アニオン重合(瞬間接着剤の硬化メカニズム) text p.92-100を予習text p.108-111を予習text p.155-164を予習
第10回

配位重合(Ziegler-Natta触媒、メタロセン触媒)

text p.117-122を予習
第11回

テスト(3回目)
メタセシス重合(ROMP)
重縮合・重付加

text p.123-127を予習テストの準備text p.13-60を予習
第12回

開環重合、
高分子の形・分子量・分子量分布

text p.131-153を予習
第13回 ペプチド合成と固相合成法
(Merrifieldの固相法)
text p.193-208を予習
第14回

炭水化物と脂質

ノート授業の復習
第15回 テスト(4回目)半期のまとめ
タンパク質の立体構造と機能
テストの準備

*  講義の進度に応じて若干変更される可能性があります。