科目名

量子化学演習

 

対象

分子科学課程・(再履修2014年度以前入学者)

 

時間

後期・金曜・3限

 

教室

A13棟・3階・323講義室

 

単位数

2単位 

 

担当

小関 (A13棟・4階・402号室)

 

授業の目的・到達目標

本演習を通して分子の構造と安定性について理解し、実践に役立てるための理論化学の基礎と応用力を身につけることを目的とします。

Chapter 1. The Dawn of the Quantum Theory
Chapter 2. The Classical Wave Equation
Chapter 3. The Schroinger Equation and a Particle in a Box
Chapter 4. Some Postulate and General Principles of Quantum Mechanics
Chapter 5. The Harmonic Oscillator and the Rigid Rotator: Two Spectroscopic Models
Chapter 6. The Hydrogen Atom
Chapter 7. Approximation Methods
Chapter 8. Multi-electron Atoms
Chapter 9. The Chemical Bond: diatomic molecules
Chapter 10. Bonding in Polyatomic Molecules
Chapter 11. Computational Quantum Chemistry
Chapter 12. Group Theory: The Exploitation of Symmetry

 

教科書

“Physical Chemistry, A Molecular Approach”,D. A. McQuarrie and J. D. Simon著,University Science Books出版, Sausalito , California


参考書

 

担当教員のウェブサイトを参照して下さい。

 

成績評価

授業の目的(到達目標)の到達度で成績評価を行う。C(合格)となるためには、実施される授業内容に関連する基礎問題が解けることが必要である。担当教員のウェブサイトを参照して下さい。


備考

本科目の詳細および実施スケジュールについては担当教員のウェブサイトを参照して下さい。