科目名 物理化学演習2

対象 分子科学課程・3年次生

時間 前期・木曜・2限

教室 A13棟・2階・サテライト計算機209室

単位数 2単位

担当 麻田(A13棟・4階・403室)

授業の目的・到達目標 2つの物理化学のテーマに関して演習を行います。1つ目は気体の状態方程式と分子統計力学に関する応用力を身につけます。2つ目は分子軌道法を用いて、分子設計の手法を身につけます。

授業内容 前半では、分子間の相互作用と観測される物理量の関係を知るために分子シミュレーションに関する演習を行います。統計量が微視的な物理量からどのように導き出されるか、より深く理解することが目的です。

後半では、計算機を活用した演習を通して、分子の構造と対称性および分子軌道の概念の基礎を学ぶとともにその応用力を身につけます。


テキスト 必要に応じて、配布します。

参考書

成績評価 授業の目的(到達目標)の到達度で成績評価を行う。C(合格)となるためには、実施される授業内容に関連する基礎問題が解けることが必要である。レポートの内容および授業への出席状況により行います。

オフィスアワー 随時


・実施スケジュール
 

予定される内容 *

備考
第1回  演習のための計算機利用法と初期設定  
第2回  化学結合に対する電子の役割 分子軌道法の基礎
第3回  拡張ヒュッケル分子軌道法による水分子の計算(1) text p.15-19を予習 
第4回  拡張ヒュッケル分子軌道法による水分子の計算(2) text p.15-19を予習
第5回  LCAO近似と分子軌道の見方 text p.20-22を予習
第6回  分子の構造と対称性 text p.23-25を予習
第7回  軌道間相互作用 text p.25を予習
第8回  分子内振動と分子の対称性について text p.20-22を予習
第9回  エチレン分子 text p.26-30を予習
第10回  とホルムアルデヒド text p.26-30を予習
第11回  エチレン分子とホルムアルデヒド text p.26-30を予習
第12回  アンモニア分子 text p.32-34を予習
第13回  酸素分子の分子軌道計算 text p.38を予習
第14回  有機反応の理論的設計  
第15回  応用発展問題  

 *  講義の進度に応じて大幅に変更される可能性があります。