科目名

有機化学特論

 

対象

分子科学専攻・博士前期課程

 

時間

前期・月曜・2限

 

教室

A13棟・4階・405セミナー室

 

単位数

2単位 

 

担当

豊田(A13棟・4階・410号室)・神川(A13棟・4階・415B号室)


授業の目的・到達目標
遷移金属触媒を利用したカップリング反応などを取り入れて、標的分子の効率合成を達成する手法が主流となって来ている。前半では、有機遷移金属化合物を触媒または反応剤として活用した分子変換反応について理解することを目標とする。また、反応機構ならびに汎用性などについて理解することが 出来るようになる。後半では、標的分子を立体選択的に合成する方法を理解することを目標とする。とりわけ、ジアステレオ面選択的な不斉合成と、エナンチオ面選択的な不斉合成との違いを見極めるためのキラリティーに関する基本的な概念を理解することが出来るようになる。

 

授業時間外の学習(準備学習)

 授業を理解するためには、予習と復習が不可欠である。予め配布された資料の内容をチェックし、専門用語などについては理解しておくよう努める。また復習として、授業中に配布された資料を中心に授業で取り扱った内容をしっかり理解するよう努める。特に、教科書に出て来ない専門用語や概念については、配布資料とノートを読み返して理解を深めるよう努める。  


テキスト

 

配付資料または参考書を適時指定します

 

成績評価

 成績目標(達成目標)の達成度で成績評価を行う。C(合格)となるためには、授業で採り上げたすべての項目を理解することが必要である。成績を評価する手段として、レポートと期末試験を用いる。成績評価に占める割合は、レポート50%、期末試験が50%とする。


オフィスアワー

豊田:随時
神川:随時


・実施スケジュール
 

予定される内容 *

担当者 備考
第1回 不斉水素・不斉酸化反応 神川 予習資料1
第2回 遷移金属触媒を用いる炭素―炭素結合生成反応 神川 予習資料2
第3回 遷移金属触媒を用いる炭素―窒素結合生成反応 神川 予習資料3
第4回 π―アリルパラジウムの化学 神川 予習資料4
第5回 金属カルベンを用いる反応 神川 予習資料5
第6回 遷移金属触媒によるカルボニル化・環化反応 神川 予習資料6
第7回 総合演習(1) 神川 全範囲
第8回 逆合成の考え方 豊田 予習資料1
第9回 生理活性化合物の合成1
豊田 予習資料2
第10回 生理活性化合物の合成2 豊田 予習資料3
第11回 有機合成における立体化学制御1 豊田 予習資料4
第12回 有機合成における立体化学制御2 豊田 予習資料5
第13回 有機合成における保護・脱保護 豊田 予習資料6
第14回 複雑な生理活性物質の合成 豊田 予習資料7
第15回 総合演習(2)
豊田 全範囲

 *  講義の進度に応じて若干変更される可能性があります。